吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
<< 上腕骨外側上顆炎・内側上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘・野球肘) | main | 日常よく遭遇する疾患(12)手関節・手部の疾患について >>
Ъ蠎鵑旅折…前腕骨遠位端部骨折(橈骨、尺骨)
ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/71_tekubiko.htmlからもご覧いただけます。

手首の骨折…前腕骨遠位端部骨折(橈骨、尺骨)

◎概要
 手首には前腕骨(橈骨と尺骨)という骨があり、骨折を起こしやすい場所です。
 幅広い年代に起こりますが、骨粗鬆症を基盤にすることが多い中高年の人や、力学的に弱い骨端線(成長軟骨)のある小児に多くみられます。
◎原因
 手を突いて転倒・転落して発生することが多いです。
◎症状
 手首の痛み、腫張(はれ)、変形、手がグラグラする、手に力が入らない、手のシビレなど。
◎検査
 骨折が疑われる場合はX線検査が行われます。しかし、骨に転位のないもの(ズレのないもの、ヒビ)、小さな裂離骨折、小児の骨端線(成長軟骨)損傷などは、骨折がX線検査では明確に分からないことがあります。
 したがって、X線所見で骨折が明確でない場合でも、問診・症状・臨床所見などが重要で、骨折が疑われる場合は骨折に準じた同じような処置が必要になります。
 当院では、上記のようなことを踏まえた上で、問診・症状・臨床所見などを重視し、さらに局部をクローズアップして観察できる超音波エコーで経過を観察しながら治療を進めています。
◎治療
 手術治療と保存治療(手術以外)があり、保存治療が基本になります。
 手術治療は、転位(骨のずれ)を整復(骨のずれを直す)出来ない場合や、整復した状態がある程度の範囲で維持できない場合などに行われます。
 反対に、保存治療は転位がない場合や、転位を徒手整復し、整復した状態がある程度の範囲で維持できる場合などに行われます。
 当院では、整復が必要な骨折は整復(骨のずれを直す)を行い、骨折の骨癒合の促進・痛みの軽減などを目的に、ギプス・副子・装具固定、低周波治療、三角巾、アイシング(冷却)、温熱療法などを行っています。
 次に、症状や骨癒合の状況に応じてストレッチング、マッサージ、筋力増強訓練、関節可動域訓練などを行っています。
 
| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(11)上腕・肘関節・前腕部の疾患について | 13:35 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE