吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
<< I関節脱臼 | main | ド内側側副靭帯損傷 >>
ど内障(子どもの肘が抜けた)
ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/68_hijinuke.htmlからもご覧いただけます。

肘内障(子どもの肘が抜けた)

◎概要
 肘内障は、小さな子ども(〜6歳くらい、まれに小学生にもあります)に多い疾患で、再発を繰り返すことも稀ではありません。
◎原因
 手を引っ張られて発生することが最も多いです。腕を下にして転がったときや、寝返った際に発生することもあります。
 肘関節の橈骨頭を固定している“靭帯(輪状靭帯)”から、橈骨頭が逸脱して発生します。
◎症状
 痛みは激痛を訴えることが多く、上肢(肘・腕・手)を動かすと痛む・動かそうとしなくなります。
◎検査
 問診・臨床検査・所見が基本になり、X線検査では骨に異常を認めません。
◎治療
 出来るだけ早く整復(ずれを直す)することが大切です。
 当院では、骨折などの有無を確認した上で“整復(ずれを直す)”を行っています。整復後は、直後から上肢を自由に動かす場合もありますが、少し時間をおいてから上肢を動かすようになる場合もあり、経過を十分観察しなければなりません。
| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(11)上腕・肘関節・前腕部の疾患について | 13:32 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE