吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
<< ∝板損傷 | main | じ関節脱臼 >>
L邉絽

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/60_yakyu.htmlからもご覧いただけます。

野球肩

◎概要
 野球の投球や、投球動作と同じようなスポーツ活動で発生する肩の障害を“野球肩”と呼びます。
 そのため、1か所の障害ではなく、腱板損傷、上腕二頭筋長頭腱炎、SLAP損傷、ルーズショルダー、ベネット病変など、いろいろな病態を含む疾患です。
◎原因
 投球動作の繰り返し「オーバーユース(使いすぎ)」によって、肩関節のいろいろな組織にストレスがかかり発生することが多いです。
 競技としては、野球・バレーボール・バスケットボール・ハンドボール・テニス・水泳などに多くみられます。
 また、筋肉の柔軟性、ストレッチング不足、フォーム、筋力、下半身や体幹の障害など、いろいろな要素が関与することがあります。
◎症状
 肩の痛み、だるさ、脱力感などがあります。
 投球動作は、大きく「ワインドアップ期」「コッキング期」「加速期」「リリース期」「フォロースルー期」の動作に分けることができます。各々の動作によって、ストレスがかかって障害を起こしやすい場所があります。
◎治療
 当院では、運動を制限・休止することが原則ですが、さまざまなことからスポーツ活動を継続しなければならない人もあり、個人の特性に合わせて治療の方針を立てて行っています。
 筋肉や靭帯の緊張緩和・痛みの軽減・血流の改善などを目的に低周波治療・アイシング(冷却)・テーピング・温熱療法・運動療法・ストレッチング・マッサージ・筋力増強訓練などを行っています。また、はり灸治療も大変有効です。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(10)肩部の疾患について | 12:12 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE