吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
<< 第5中足骨基部骨折(下駄骨折) | main | 外反母趾 >>
モートン病

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/54_moton.htmlからもご覧いただけます。


モートン病

◎概要
 足の指(趾)の間の“趾神経”が炎症を起こし痛みが発生する疾患をモートン病といいます。
 中高年の女性に多く認められ(男性にも起こります)、第3と第4指の間に最も多く発生します。
◎原因
 幅の狭い靴、ハイヒール、立ち仕事、スポーツなどで趾神経が圧迫されて発生します。
◎症状
 足の裏から足の指の痛みやシビレ、つま先立ちやしゃがみ込みで痛む、靴を履いて歩くと痛む(靴を脱いで歩くと痛みが軽い)など。
◎検査
 触診や臨床検査でほとんど分かります。
 補助的に、神経を描出できるMRIや超音波エコーが行われることがあり、当院では必要に応じて超音波エコーを行いながら治療を進めています。
◎治療
 保存治療(手術以外)と手術治療があります。
 手術治療は、十分な保存治療を行っても改善されない場合に検討されることがあります。
 かかとが低く・幅の広い靴をご使用していただくことが大切です。その上で当院では、痛みの軽減・患部の負担の軽減・血流の改善などを目的にテーピング、装具療法(足底板)、低周波治療、アイシング(冷却)、温熱療法・運動療法・ストレッチング・マッサージ、はり灸治療などを行っています。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(9)足関節・足部の疾患について | 13:16 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE