吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
<< 中足骨疲労骨折(行軍骨折、ジョーンズ骨折) | main | モートン病 >>
第5中足骨基部骨折(下駄骨折)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/53_dai5cyu.htmlからもご覧いただけます。


第5中足骨基部骨折(下駄骨折)
◎概要
 足の甲には中足骨(ちゅうそくこつ)という骨が5本あり、第5中足骨は小指の骨にあたります。第5中足骨の基部(足首に近い部分)は、骨折を起こしやすい部分で、別名“下駄骨折”といいます。
 また、スポーツで発生することの多い第5中足骨基部の疲労骨折は、別名 “ジョーンズ骨折”といいます。
◎原因
 足の捻挫と同じように、足を内側に捻って(内がえし)発生します。
 下駄を履いて足を捻った際に発生することが多かったため“下駄骨折”と呼ばれました。現在は、普通の靴でも発生しますが、サンダルやハイヒールなどの高い靴で捻ると発生しやすくなります。
◎症状
 歩行痛、足を捻ると痛い、腫張(はれる)、血腫(内出血)などがあります。
◎検査
 X線検査で骨折がないか確認されますが、中には転位(骨のずれ)が少ないものもあり、注意が必要です。
 当院では、上記のようなことを踏まえた上で、問診・症状・臨床所見などを重視し、さらに局部をクローズアップして観察できる超音波エコーで経過観察等を行っています。
◎治療
 ほとんどは保存治療(手術治療以外)が行われ、手術治療はまれですが、転位が大きい場合などに行われることがあります。
 当院では、患部の固定・骨癒合の促進・痛みの軽減などを目的に、ギプス・装具・テーピング・包帯固定、松葉杖による免荷、アイシング(冷却)、低周波治療、温熱療法、マッサージなどを行っています。
 次に、骨癒合や症状の状況に応じて、関節可動域訓練・ストレッチング・筋力増強訓練などを加えて行っています。


緑色の疾患名をクリックすると各疾患にジャンプします

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(9)足関節・足部の疾患について | 12:04 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE