吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
<< レ骨骨端症(Sever病) | main | ъ(かかと)の滑液包炎・・・踵骨後部滑液包炎(パンプスのコブ)、踵骨下部滑液包炎(かかとの打撲) >>
β底腱膜炎(足底筋膜炎)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/50_ashizoko.htmlからもご覧いただけます。


足底腱膜炎(足底筋膜炎)

◎概要
 土踏まずの内側で、踵骨(かかとの骨)の足底部が痛む疾患です。この場所は、足の土踏まず(内側縦アーチ)を構成する“足底腱膜”が付着するため炎症を起こしやすい特徴があります。
◎原因
 ランニング・ウオーキング・ジャンプなどのスポーツ活動や、立ち仕事などオーバーユース(使いすぎ)によって足底腱膜に微細な断裂などが起こり、炎症を起こし痛みが発生します。
 下肢のアライメント(O・X脚、回内足、扁平足など)の異常、シューズ、体重増加、硬い路面や床、柔軟性、筋力、フォームなど、いろいろな要素が関与することがあります。
◎症状
 腫張(はれ)、圧痛(押さえると痛む)、ランニングや歩行時の痛み、特に“歩き始めの痛み”が特徴的です。
◎検査
 触診などの臨床検査でほとんど判断できます。X線検査では通常異常はみられません(踵骨棘という骨の棘がみられることもあります。以前はこれに対し、積極的に手術治療が行わることもありましたが、現在はあまり行われなくなってきました)。
 当院では、臨床検査を十分に行って、必要に応じて超音波エコーで足底腱膜の状態を経過観察しながら治療を進めています。
◎治療
 当院では、運動を制限・休止することが原則ですが、さまざまなことからスポーツや作業を継続しなければならない人もあり、個人の特性に合わせて治療の方針を立てて行っています。その上で、腱膜や筋肉の緊張緩和・痛みの軽減・血流の改善などを目的に、装具療法(足底板)・テーピング・低周波治療、アイシング(冷却)・温熱療法・筋力増強訓練・ストレッチング・マッサージなどを行っています。また、はり灸治療も大変有効です。
| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(9)足関節・足部の疾患について | 12:44 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE