吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
<< 脛骨粗面部滑液胞炎 | main | 下腿骨(脛骨・腓骨)の疲労骨折 >>
≧骨過労性骨膜炎(シンスプリント)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan2/37_shinsu.htmlからもご覧いただけます。


脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)
◎概要
 シンスプリントは、スポーツの下腿の痛みに対して使われてきた言葉で、具体的な病態を指して“脛骨過労性(疲労性)骨膜炎”とよばれます。
 幅広い年代にみられますが、特に10代女性に多くみられます(男性にも起こります)
◎原因
 オーバーユース(使いすぎ)によって、下腿の筋肉が脛骨の内側の骨膜を刺激し、炎症を起こして痛みが発生すると考えられています。
 ランニング・ジャンプ・ダッシュなどを繰り返すスポーツ(陸上・サッカー・野球・バスケットボール・バレーボールなど)で多く発生します。もちろん、日常生活や就労などでこういった動作の多い人にも起こります。
 硬い路面や床、シューズ、下肢のアライメント(O・X脚、回内足、扁平足など)の異常といった要素の関与も考えられます。
◎症状
 走る・ジャンプなどの運動時の痛みが一般的ですが、ひどくなると歩行時にも痛みが起きるようになります。
◎検査
 X線検査では通常異常はみられません。疲労骨折などの鑑別に、MRI・CT・骨シンチグラフィーなどを行うこともあります。どの患者さんにもこれらの検査すべてが必要なわけではありません。当院では、必要に応じてほかの医療機関とも連携しながら検査を行っています。
 当院では、筋肉や骨膜の状況がよく描出できる超音波エコーで、患部の状態を経過観察しながら治療を進めています。
◎治療
 当院では、運動を制限・休止することが原則ですが、さまざまなことからスポーツ活動を継続しなければならない人もあり、個人の特性に合わせて治療の方針を立てて行っています。その上で、骨膜の炎症緩和・筋肉の緊張緩和・痛みの軽減・血流の改善などを目的に、低周波治療、アイシング(冷却)、テーピング、装具療法(足底板)、温熱療法、運動療法、ストレッチング、マッサージなどを行っています。また、はり灸治療も大変有効です。


緑色の疾患名をクリックすると各疾患にジャンプします

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(8)下腿部の疾患について | 11:48 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE