吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
<< I前十字靭帯損傷 | main | ン足炎(がそくえん) >>
ど┳舷拌啀蝓淵献礇鵐僉蕊─

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/30_jyanpa.htmlからもご覧いただけます。


膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)
◎概要
 膝蓋靱帯(膝蓋腱)は、膝蓋骨(膝のお皿の骨)の下部にあります。膝蓋靭帯炎は、いろいろな運動で起こりますが、「ジャンプ競技」に発生することが多いため、ジャンパー膝とよばれています。
 大腿四頭筋腱炎、Sinding‐Larsen‐Johansson病、オスグッド病なども含めて、ジャンパー膝と呼ぶこともありますが、中でも最も多いのが膝蓋靭帯炎です。
◎原因
 ジャンプ、ランニング、キック、急激なストップなどを繰り返す「オーバーユース(使いすぎ)」によって、膝蓋靱帯に小さな断裂などを起こします。
 競技としては、バレーボール、バスケットボール、体操、ハンドボール、サッカー、陸上などに多くみられます。
 また、筋肉の柔軟性、ストレッチ不足、下肢のアライメントなどの要素も考えられます。
◎検査
 当院では、問診や徒手検査を行って、軟部組織の描出にすぐれた超音波エコーで靭帯の状態をチェックしながら治療を進めています。
◎症状
 ランニング・ジャンプ・膝の屈伸・ダッシュやストップなど、いろいろな動作で痛みが発生します。
◎治療
 保存治療(手術以外)がほとんどで、手術治療はまれです。
 当院では、運動を制限・休止することが原則ですが、さまざまなことからスポーツ活動を継続しなければならない人もあり、個人の特性に合わせて治療の方針を立てて行っています。
 筋肉や靭帯の緊張緩和・痛みの軽減・血流の改善などを目的に低周波治療、アイシング(冷却)、テーピング、温熱療法・運動療法・ストレッチング・マッサージなどを行っています。また、はり灸治療も大変有効です。


緑色の疾患名をクリックすると各疾患にジャンプします

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(7)膝関節の疾患について | 11:41 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE