吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
<< ”内側側副靭帯損傷 | main | I前十字靭帯損傷 >>
膝半月板損傷

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/28_hizahangetu.htmlからもご覧いただけます。


膝半月板損傷
◎概要
 半月板は、膝関節の内側・外側に1つずつある軟骨です。体重やジャンプなどで生じる衝撃を分散・吸収するクッションの役割をしています。また、膝関節(大腿骨と脛骨)を安定させるパッキンのような役割などもしています。
◎原因
 ジャンプや階段の昇降などによる膝への衝撃で起こる場合と、膝を捻ることにより起こる場合があります。
 “転倒・ジャンプの着地・急激な方向転換(ターン)”といった1回の外傷でも起こりますが、スポーツ日常生活では、繰り返す小さな外傷によって発生することのほうが多いと思われます。また、前十字靭帯損傷に続発するものもあります。さらに、中高年になると半月板は変性して損傷を受けやすくなるため、小さな外傷で損傷しやすくなります。
◎症状
 歩行痛、屈伸すると痛む、階段昇降時痛、関節水腫(水がたまる)、膝が曲げ伸ばしできない(ロッキング)、膝が引っ掛かる、コリコリ音がするなど。
◎検査
 X線検査では半月板は写らず、臨床所見や徒手検査が基本になりほぼ判断できます。さらに、MRIや関節鏡検査が行われることもあります。どの患者さんにもこれらの検査すべてが必要なわけではありません。当院では、必要に応じてほかの医療機関とも連携しながら検査を行っています。
◎治療
 半月板損傷の治療の原則は、半月板の機能を維持して、変形性関節症に移行するのをできるだけ避けることです。治療法には保存治療(手術以外)と手術治療があり、損傷の程度・年齢・活動の状況などから治療法を選択します。
 半月板は治りにくく・再発しやすい特徴があります。そのため、手術治療を検討しなくてはならないことも多くあり、必要に応じて専門医をご紹介いたしております。一方で、条件によっては保存治療で治ることも珍しくありませんし、手術治療が行えないこともあります。
 当院では、半月板修復の促進・患部の固定・筋肉の緊張緩和・痛みの軽減・筋力増強などを目的に、テーピング、副子・ギプス・装具固定、低周波治療、温熱療法、マッサージ、筋力増強訓練、ストレッチングなどを行っています。


緑色の疾患名をクリックすると各疾患にジャンプします

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(7)膝関節の疾患について | 11:39 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE