吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
<< ッ噂秬股関節炎 | main | 日常よく遭遇する疾患(6)大腿部の疾患について >>
θ骨骨折・尾骨亜脱臼

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/23_bikotu.htmlからもご覧いただけます。


尾骨骨折・尾骨亜脱臼

◎原因
 転倒や転落で「尻もち」をついて負傷することがほとんどです。
 スポーツでは、後方に転倒することが多い「スノーボード」での発生が最近は増加しているように思われます。
◎症状
 「座ったとき」「仰向けから起き上がるとき」など、尾骨部が圧迫される際に痛みますが、歩行による痛みは少ないのが特徴です。また、排便時の痛みを伴うこともあります。
◎検査
 X線検査が行われますが、骨の転位(ずれ)が少ない場合や、肥満の人では、骨折や亜脱臼がはっきりと確認できないこともあります。そのため、問診や臨床所見が重要で、X線検査で骨折・亜脱臼が確認できない場合でも、骨折・亜脱臼が疑われる場合は同様の処置が必要になります。
◎治療
 一般に、骨の整復(ずれを直す)や固定といった処置をすることは少ないと思われます。
 円坐(中心部に穴のあいたドーナツ型のクッション)を使用するのも効果的で、こういった日常生活の使い方などの指導を行っています。
 しかし、力学的に不安定・固定を行わないことなどにより、痛みが比較的長期化することが多いため(2〜3ヶ月あるいはそれ以上)、症状軽減の促進に当院ではテーピングによる固定を行っており効果的です。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(5)股関節、骨盤の疾患について | 11:45 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE