吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
<< ∀捷骨折、胸部の打撲 | main | 日常よく遭遇する疾患(5)股関節、骨盤の疾患について >>
5ご瓢搜誕(ぜんそく)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/17_zensoku.htmlからもご覧いただけます。


気管支喘息(ぜんそく)
◎概要
 喘息というと、「子どもの病気」という印象を持っておられる人もおられるかもしれません。「小児喘息」も増加しているといわれますが、最近の特徴は「成人の喘息」が増加していることです。小児喘息を成人まで持ち越すことや、成人になって再発することもありますが、むしろ成人の喘息は大人になってから発症することのほうが多いのです。
◎原因
 「気管支が狭くなる」ことで、さまざまな症状を起こします。その理由として、気管支周囲の筋肉(平滑筋)が収縮する、気道の炎症により分泌物が増える・粘膜が腫れてしまうといったことなどがあります。
 その要因として、ハウスダスト・ダニなどに対する「アレルギー」「気道が過敏」「環境」などが挙げられます。
 「環境」には、温度・湿度・気圧の変化、季節(季節の変わり目、梅雨)、空気(タバコ、大気汚染、匂い)、精神的ストレス、睡眠、食事、運動、過労などさまざまなことが関与します。
◎症状
 喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)、咳(せき)、痰(たん)、息切れ、胸が苦しい、チアノーゼ、風邪をひくと息が苦しくなる季節の変わり目・深夜・早朝に発作が出やすい、起坐呼吸(座って前かがみの姿勢をとって息をする)、肩呼吸(肩を上下させて息をする)など。
◎治療
 呼吸器科をはじめとした専門的な診察・治療が第一で、必要に応じてご紹介しておりますのでご相談ください。また、最近は自宅での自己管理の方法もずいぶん進歩しています(ピークフローによる測定、吸入ステロイドなど)。
 当院では、アレルギーなどに対する免疫力の改善、筋肉の緊張緩和(肩呼吸などで首・肩・背中などの筋肉が緊張することが多い)、睡眠・精神的ストレスの改善などを目的に、低周波治療・温熱療法・ストレッチング・マッサージ・はり灸治療などを行っています。中でも、鍼灸治療は大変効果的です

 

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(4)胸部・背部の疾患について | 11:22 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE