吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
<< 腰椎椎間板ヘルニア(坐骨神経痛など) | main | ざ察腰椎(背骨)の圧迫骨折 >>
9椎分離症・すべり症

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/13_suberi.htmlからもご覧いただけます。


腰椎分離症・すべり症
◎原因
1)腰椎分離症
 腰椎(背骨)の関節突起間部(椎弓の上関節突起と下関節突起の間)というところで、分離したものです。小学校高学年〜中学・高校生の、激しいスポーツをする男性に多くみられます。原因は明らかになっていない部分もありますが、激しい運動をする選手に多いことなどから「疲労骨折」と考えられています。
2)腰椎すべり症
 腰椎分離症に伴って、腰椎の椎体がすべり出す(前方が多い)ものを「腰椎分離すべり症」といいます。20〜30歳ころの男性に多くみられます。また、40歳以上女性に多いのが「腰椎変性すべり症(腰椎無分離すべり症)」で、腰椎の分離を伴わないすべり症です。
◎症状
 激しい痛みは少なく鈍痛であることが多いです。まれに、足(下枝)に痛みやシビレが起こることがあります。
 分離症やすべり症があっても、痛みやシビレなどがほとんどない無症状の方も多く、分離やすべりの程度と症状が一致しないことがよくみられます。
 また、スポーツ、中腰での作業、長時間の同じ姿勢での作業(デスクワーク、パソコン、車の運転)などで増強するのも特徴です。
◎治療
 「疲労骨折である」という点から、新鮮な骨折であれば、腰痛バンド・コルセットと安静で骨癒合(骨折で折れたところが修復される)が出来ることもあります。一方で、「新鮮ではない骨折=骨癒合が期待できない」段階でみつかることの方が、現在のところは多いように思われます。
 当院では、急性期は安静が第一であるため、運動の休止が原則です。痛みの軽減・筋肉の緊張緩和・血流の改善などを目的に、腰痛バンド・コルセット固定をはじめとして、低周波治療、テーピングなどを行っています。
 次に、痛みなどの症状が軽減して急性期を過ぎると、急性期の治療に加えて温熱療法・運動療法・ストレッチング・マッサージなどを行っています。また、はり灸治療も大変有効です。
 手術治療は、基本的に行われることは少ないですが、手術療法を検討しなければならない場合もあります。そういった場合は専門医をご紹介いたしておりますので、ご相談ください。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(3)腰部の疾患について | 11:17 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE