吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
<< 日常よく遭遇する疾患(3)腰部の疾患について | main | 腰椎椎間板ヘルニア(坐骨神経痛など) >>
,っくり腰(特に筋・筋膜性腰痛)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/11_gikkuri.htmlからもご覧いただけます。


ぎっくり腰(特に筋・筋膜性腰痛)
◎概要
 皆さんの中にも、この嫌な痛みを経験された方は多いのではないでしょうか?重い物を持つ、身体を捻る、朝顔を洗おうと身体を起こそうとしたとき…、原因は様々ですが、日常の軽い動作でも起こることが多いのも特徴です。
 「ぎっくり腰」とは、急性腰痛(急に起こった腰痛)の総称で、病名とは異なります。ぎっくり腰は、さまざまな種類の腰痛を含む言葉ですが、その中で最も多いのが「筋・筋膜性腰痛」です。そこで、今回はこの「筋・筋膜性腰痛」を中心に記載します。
◎原因
 脊柱起立筋という背骨の両側にある筋肉が、さまざまな原因で炎症を起こし腰痛をきたすことが多いです。骨や椎間板などには異常はありませんので、レントゲン・MRIなどでは異常は認められず、通常は必要ありません。(※加齢による腰椎症性変化、椎間板ヘルニア腰椎分離症・すべり症などを基盤にすることもあります。)
 原因は多彩で、重い物を持つ、中腰の姿勢、スポーツ、腰を捻ったなどが代表的です。
 また、最近では、同じ姿勢悪い姿勢で立っていたり、座る姿勢を長時間つづける人に増加しているように思われます(立ち仕事、デスクワーク、パソコン作業、車の運転など)
◎症状
 「少し腰が重い」といったものから、「痛くて歩くことも立つこともできない!」といった激痛を訴えるものまで、痛みの程度はさまざまです。
 痛みの部位は、腰背部の筋膜は広い範囲を覆っているため、腰の痛みをはじめとして、背中や骨盤部まで痛むことがあります。しかし、足のシビレ、神経痛、筋力低下(足に力が入りにくい)などの症状はあらわれません。
◎治療
 当院では、急性期(初期)は腰部の安静が必要ですから、無理なストレッチや運動は極力避けていただくようにし、具体的な日常の使い方も指導しています。その上で、筋肉の緊張緩和・痛みの軽減・血流の改善などを目的に、低周波治療、アイシング(冷却)、テーピング、腰痛バンド・コルセット固定などを行っています。
 次に、痛みなどの症状が軽減して急性期を過ぎると、ある程度の運動なども必要になります。急性期の治療に加えて、温熱療法・運動療法・ストレッチング・マッサージなどを行っています。また、はり灸治療も大変有効です。


緑色の疾患名をクリックすると各疾患にジャンプします

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(3)腰部の疾患について | 11:15 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE