吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
日常よく遭遇する疾患(6)大腿部の疾患について

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/nichijyo/nichijyo.html#daitaibuからもご覧いただけます。


‖臑槁瑤瞭離れ…大腿四頭筋、内転筋、ハムストリング(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)
腸脛靱帯炎(ランナー膝)
B臑椹容筋部の打撲(チャーリーホース、骨化性筋炎)


※各疾患にスキップしてご覧になる場合は、
  銑をクリックしてください。(各疾患にジャンプします)

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(6)大腿部の疾患について | 11:33 | - | - |
‖臑槁瑤瞭離れ(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋、内転筋、大腿四頭筋など)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/24_nikubanare.htmlからもご覧いただけます。


大腿部の肉離れ(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋、内転筋、大腿四頭筋など)
◎概要
 大腿部の肉離れは、後面の「ハムストリング(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)」、内側の「内転筋」、前面の「大腿四頭筋」に好発します。
◎原因
 筋膜・筋肉の収縮・牽引(自家筋力)によって、筋肉の伸展や部分断裂などの損傷を起こします。受傷時に「バシッ!」という断裂音が、ご本人にも聞こえることがあります。
 また、疲労・柔軟性・筋力低下・ウオーミングアップ不足・天候・筋力のバランス・他の傷害・フォームなど、肉離れにはいろいろな要因が関与します。
◎症状
 腫張(はれる)、内出血(血腫)、圧痛、歩行痛、運動時痛、筋力低下などがあります。
 症状の程度はさまざまで、“少し痛む、つっぱる”といった軽症のものから、“歩行不能”になる重症のものまであります。
◎検査
 一般にX線検査では異常がなく、問診や臨床所見が重要です。また、断裂部を描出するために超音波エコーやMRI検査を行うこともあります。
 当院では、問診や臨床所見を重視し、必要に応じて超音波エコー検査を行っています。
◎治療
 初期(急性期)は安静が必要で、無理なストレッチや運動は極力避けていただくようにし、具体的な日常の使い方も指導しています。その上で、患部の固定・圧迫、筋肉の緊張緩和・痛みの軽減などを目的に、テーピング、弾力包帯・松葉杖による免荷、アイシング(冷却)、低周波治療、はり灸治療などを行っています。
 次に、痛みなどの症状が軽減して急性期を過ぎると、ある程度の運動なども必要になります。急性期の治療に加えて、温熱療法・ストレッチング・筋力増強訓練・マッサージなどを行っています。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(6)大腿部の疾患について | 11:34 | - | - |
腸脛靱帯炎(ランナー膝)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/25_ranna.htmlからもご覧いただけます。


腸脛靱帯炎(ランナー膝)
◎概要
 大腿の外側には「腸脛靭帯」という大きな靭帯があります。いろいろな運動で炎症を起こしますが、長距離ランナーなどの膝の屈伸を繰り返すことが多いスポーツによく発生します。
 また、最近は中高年のスポーツも盛んになり、ウオーキング登山などで起こることがよくみられます。
◎原因
 オーバーユース(膝の屈伸を繰り返す)が最も大きな原因で、膝の屈伸時に大腿骨の外顆と腸脛靭帯が摩擦することで炎症を起こします。
 また、腸脛靭帯の緊張、O脚足の回内傾向などさまざまな要因が考えられます。
◎症状
 膝の屈伸に伴って、膝のやや上の大腿外側に痛みがあります。
◎治療
 オーバーユース(膝の屈伸を繰り返す)が最も大きな原因であるため、膝の屈伸を繰り返す運動を制限することが原則です(どの程度制限するかはケースに応じて異なります)。
 当院では、フォームなどの使い方の指導を行います。その上で、筋肉・靭帯の緊張緩和、痛みの軽減などを目的に、テーピング、ヒールウエッジや足底板の装着、アイシング(冷却)、低周波治療、温熱療法、マッサージ、ストレッチング、筋力増強訓練などを行っています。また、はり灸治療も大変有効です。
 一方で、まれに手術療法を検討しなければならない場合もあります。そういった場合は専門医をご紹介いたしております。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(6)大腿部の疾患について | 11:35 | - | - |
B臑椹容筋部の打撲(チャーリーホース、骨化性筋炎)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/26_chary.htmlからもご覧いただけます。


大腿四頭筋部の打撲(チャーリーホース、骨化性筋炎)
◎概要
 太ももの前にある大腿四頭筋の打撲「別名:チャーリーホース」とよび、骨化性筋炎などを起こすことがあり、注意しなければなりません。
・・・※骨化性筋炎のメカニズムは、完全に証明されていません。筋肉の線維・骨膜などが損傷を受けて本来は「骨」がない筋肉の中などに骨が出来るため(異所性骨化)、治療が長期化することも少なくありません。
◎原因
 コンタクトスポーツ(アメリカンフットボール・ラグビー・サッカー・バスケットボール・空手など)で、他者の頭部(ヘルメット)・肩・肘・膝などが当たって生じることが多いです。もちろん、日常生活で大腿部を打撲して起こることもあります。
◎症状
 大腿部の痛み・腫張(はれ)・内出血(血腫)・熱感、膝を曲げると痛いなどがあり、ひどい場合は「歩行困難」になったり「骨化性筋炎」を起こしてしまうこともあります。
 特に受傷直後の痛みが少なくても、その後の経過が悪くなることが多いため注意が必要で、初期の治療が重要になります。
◎検査
 当院では、損傷した筋肉などの軟部組織の描出に優れた超音波エコーにて、内出血や筋線維の状況等を定期的に観察しながら治療を行っています。
◎治療
 初期(急性期)は安静(スポーツ禁止)が重要ですから、安静とアイシング(冷却)を併せて指導しています(受傷直後に症状が軽くても軽視してはいけません)。その上で、内出血や筋肉の損傷の治療・痛みの軽減・血流の改善などを目的に、テーピング・弾性包帯固定・松葉杖による免荷・低周波治療・アイシング(冷却)などを行っています。
 痛みなどの急性の症状が軽減すると、急性期の治療に加えて温熱療法・運動療法・ストレッチング・マッサージ・はり灸治療などを行っています。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(6)大腿部の疾患について | 11:36 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE