吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
日常よく遭遇する疾患(4)胸部・背部の疾患について

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/nichijyo/nichijyo.html#kyoubuからもご覧いただけます。


.悒襯撻后帯状疱疹(帯状疱疹後神経痛)

∀捷骨折、胸部の打撲
5ご瓢搜誕


※各疾患にスキップしてご覧になる場合は、
  銑をクリックしてください。(各疾患にジャンプします)
| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(4)胸部・背部の疾患について | 11:02 | - | - |
.悒襯撻后帯状疱疹(帯状疱疹後神経痛)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/15_herupesu.htmlからもご覧いただけます。


ヘルペス、帯状疱疹(帯状疱疹後神経痛)

◎原因
 子供のころによくかかる「水ぼうそう」の原因になる、「水痘帯状疱疹ウイルス」によって発症します。このウイルスは、「水ぼうそう」が治ったあとも体の神経の中(神経節)に潜んでいて(潜伏感染)、免疫力・抵抗力が低下したときに再び増殖して、皮膚に水疱(みずぶくれ)や神経痛などを起こします。
 免疫力を低下させる要因として、ストレス、疲労、睡眠不足、ケガ、風邪、糖尿病、悪性腫瘍、老化などが挙げられます。
 中高年になって発症することが多いですが、最近は20〜30歳代にも増えており、まれに小児にも起こります。
◎症状
 ウイルスが神経の中に潜んでいるため、体中の神経のあるあらゆる場所で起こる可能性があります。その中で、胸・腹・背中などは比較的多くみられる場所で、他には顔面・頭部・腕・脚などにもみられます。また、左右いずれかに起こることがほとんどです。
 発症の現れ方・程度・順序などはさまざまで、特徴的であるはずの発疹が全くあらわれないものまであります。典型的なものとして、はじめは「ピリピリ・チクチクした痛み=神経痛」が起こり、しばらくするとその部分が「赤く」なり「水泡」ができます。このため、この時期は虫刺されなどと見分けにくいことがあります。次に、この水疱は2〜3週間すると「かさぶた」になり、これらの皮膚の症状の改善とともに、痛み(神経痛)も軽減してゆきます。
 しかし、特に中高年者に多いのが、皮膚症状が改善したあとも神経痛が残ってしまう「帯状疱疹後神経痛」です。大変頑固な神経痛となることが多いため、注意が必要です。
 また、顔面では目や耳の障害(角膜・結膜の炎症、顔面神経麻痺、耳鳴り、めまい、味覚異常など)が引き起こされる場合があり、注意しなければなりません。
◎治療
 皮膚科をはじめとした、専門的な診察・治療が第一です。ウイルスの活動を抑える内服薬と外用薬が中心になります。痛みが強い場合などは麻酔科・ペインクリニック、目や耳の症状を伴う場合は眼科や耳鼻咽喉科など、ケースに応じて専門的な診察・治療が必要です。必要に応じて専門医をご紹介しておりますので、ご相談ください。
 当院では、「帯状疱疹後神経痛」をはじめとした痛みの治療、免疫力の改善などを目的に、低周波治療・温熱療法・マッサージ・はり灸治療などを行っています。中でも、はり灸治療は大変有効です。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(4)胸部・背部の疾患について | 11:05 | - | - |
∀捷骨折、胸部の打撲

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan2/16_rokkotu.htmlからもご覧いただけます。


肋骨骨折、胸部の打撲

◎概要
 肋骨は、背骨(胸椎)から胸部の胸骨に伸びる12本の骨で、肺・心臓・肝臓・脾臓などを保護しています。ただし、一番下の第11・12肋骨は胸骨には付いておらず、「浮肋骨」といいます。また、前方の胸部は軟骨(肋軟骨)でできていて、レントゲンには写りません。
◎原因
 打撲、転倒、交通事故、身体を捻るなどでで起こることが最も多くみられます。
 ゴルフなどの体を捻ることの多いスポーツや、風邪や喘息などで「せき・くしゃみ」を繰り返したときなどは「疲労骨折」を起こします。
 また、骨粗鬆症の方は軽い動作でも骨折することがあるため、ご自分でも原因がはっきりわからないことがあります。
◎症状
 せき・くしゃみ・深呼吸をしたときの痛み、身体を捻ったとき、寝て起き上がる際などに痛みが起こります。
 痛みの程度は、ほとんど感じないものから激痛を訴えるものまでさまざまです。
 痛む部位は、骨折部・打撲部はもちろんですが、肋骨に沿って肋間神経があるため痛めた場所以外に痛みが起こることがあります。(例…胸部を骨折・打撲したのに、数日して背中の痛みがでてきた!)
 また、当日や受傷直後は痛みが少なく、数時間あるいは2〜3日位してから痛みが強くなることがあります。これは、痛みが少ないため安静が不十分であったり、胸郭が呼吸の運動で常に動いていることなどで、かえって炎症が強くなることが考えられます。
◎検査
 X線検査で骨折がないか確認します。しかし、肋骨骨折は骨に転位のないもの(ズレのないもの、ヒビ)、肺の影と重なる、肋骨同士が重なって写る、X線に写らない肋軟骨など、骨折がX線検査では明確に分からないことがあります。
 したがって、X線所見で骨折が明確でない場合でも、問診・症状・臨床所見などが重要で、骨折が疑われる場合は骨折に準じた同じような処置が必要になります。(胸部の打撲も同様です)
 当院では、上記のようなことを踏まえた上で、問診・症状・臨床所見などを重視し、さらに局部をクローズアップして観察できる超音波エコーを加えて行っています。
◎治療
 ほとんどは保存治療(手術以外)が行われます。手術が必要になることは非常にまれですが、肋骨の内側にある肺・心臓・肝臓などの臓器の損傷(気胸・血胸など)、神経・血管の損傷、多発骨折などを起こしている場合は、呼吸器外科や消化器外科などの専門医による治療が必要になります。
 当院では、日常生活での注意点などの指導と、バストバンド・さらし包帯・絆創膏(テーピング)固定などを行っています。また、痛みの軽減・骨折の骨癒合の促進などを目的に、低周波治療、温熱療法などを行っています。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(4)胸部・背部の疾患について | 11:06 | - | - |
5ご瓢搜誕(ぜんそく)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/17_zensoku.htmlからもご覧いただけます。


気管支喘息(ぜんそく)

◎概要
 喘息というと、「子どもの病気」という印象を持っておられる人もおられるかもしれません。「小児喘息」も増加しているといわれますが、最近の特徴は「成人の喘息」が増加していることです。小児喘息を成人まで持ち越すことや、成人になって再発することもありますが、むしろ成人の喘息は大人になってから発症することのほうが多いのです。
◎原因
 「気管支が狭くなる」ことで、さまざまな症状を起こします。その理由として、気管支周囲の筋肉(平滑筋)が収縮する、気道の炎症により分泌物が増える・粘膜が腫れてしまうといったことなどがあります。
 その要因として、ハウスダスト・ダニなどに対する「アレルギー」「気道が過敏」「環境」などが挙げられます。
 「環境」には、温度・湿度・気圧の変化、季節(季節の変わり目、梅雨)、空気(タバコ、大気汚染、匂い)、精神的ストレス、睡眠、食事、運動、過労などさまざまなことが関与します。
◎症状
 喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)、咳(せき)、痰(たん)、息切れ、胸が苦しい、チアノーゼ、風邪をひくと息が苦しくなる季節の変わり目・深夜・早朝に発作が出やすい、起坐呼吸(座って前かがみの姿勢をとって息をする)、肩呼吸(肩を上下させて息をする)など。
◎治療
 呼吸器科をはじめとした専門的な診察・治療が第一で、必要に応じてご紹介しておりますのでご相談ください。また、最近は自宅での自己管理の方法もずいぶん進歩しています(ピークフローによる測定、吸入ステロイドなど)。
 当院では、アレルギーなどに対する免疫力の改善、筋肉の緊張緩和(肩呼吸などで首・肩・背中などの筋肉が緊張することが多い)、睡眠・精神的ストレスの改善などを目的に、低周波治療・温熱療法・ストレッチング・マッサージ・はり灸治療などを行っています。中でも、鍼灸治療は大変効果的です


| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(4)胸部・背部の疾患について | 11:07 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE