吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
日常よく遭遇する疾患(1)頚(首)・肩部の疾患について

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/nichijyo/nichijyo.html#kataからもご覧いただけます。

(1)頚(首)・肩部の疾患について

$椎椎間板ヘルニア
▲爛船Ε疎蚕(頚部の捻挫)
6山埆亳症候群(斜角筋症候群など)
た屋磴い覆鼻兵鵑回らない、首を動かすと痛い)
ゼ鵝Ωこり


※各疾患にスキップしてご覧になる場合は、
  銑イ鬟リックしてください。(各疾患にジャンプします)

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(1)頚(首)・肩部の疾患について) | 11:04 | - | - |
$椎椎間板ヘルニア

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/1_herunia.htmlからもご覧いただけます。

頚椎椎間板ヘルニア

◎概要
 首の骨(頚椎)は7個あり、縦に積み木のように重なって構成されています。問題となる椎間板はこの頚椎の骨と骨の間にあり、クッションの役割をしています。この椎間板の「髄核」が後方に飛び出したものが(脱出)頚椎椎間板ヘルニアです。  ※ところで…ヘルニアというと鼡径ヘルニア(いわゆる脱腸)を連想される方もおられると思いますが、ヘルニアとは「脱出」という意味で、椎間板ヘルニアとは異なりますのでご安心ください。
◎原因
 原因は、ムチウチスポーツといった大きな外力によって発生することがありますし、日常の軽微な動作をきっかけに起こることもあります。また、頚椎の変形・老化(頚椎症性変化)が基盤になることが多く、40歳以上で好発します。
◎症状
 普通の「肩こり」などとは異なる特徴的な症状として、肩甲骨の間・上腕・前腕・手指の痛みやシビレ感を訴えます。また、進行すると物がつかみにくい(筋力低下)、歩きにくい(痙性歩行)、尿の出が悪い・失禁する(膀胱直腸障害)といったこともあります。
◎検査
 問診・徒手検査を重視し、知覚障害・腱反射・筋力評価・誘発テストなどから、どの神経が圧迫を受けて症状を起こしているのかを考えます。
 さらに、当院では必要に応じてX線検査だけではなく、MRI検査を依頼します。MRIは、X線では出来ない椎間板や神経を描出することが出来るため、椎間板ヘルニアの診断には大変有効です。これらの画像診断は全ての方に必要な検査ではありませんので、患者さんに何が必要かを検討して、ほかの医療機関とも連携を図りながら治療しています。
◎治療
 当院では痛みや症状を軽減するために、低周波治療・温熱療法・牽引療法・ストレッチング・マッサージなどを行っています。症例によっては頚椎カラーテーピング固定を行います。また、はり灸治療も大変有効です。
 日常生活での動作・使い方も非常に大切であり、治療だけではなくこういった面からのケアをし、症状の経過や、患者さん個人の特性を考えた上での治療を行っています。
 一方で、手術療法を検討しなければならない場合もあります。そういった場合は専門医をご紹介いたしております。


緑色の疾患名をクリックすると各疾患にジャンプします

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(1)頚(首)・肩部の疾患について) | 11:05 | - | - |
▲爛船Ε疎蚕(頚部の捻挫)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/2_muchiuchi.htmlからもご覧いただけます。

ムチウチ損傷(頚部の捻挫)

◎原因
 交通事故スポーツなどで不意に衝撃を受け、首が屈曲(前に倒す)・伸展(後ろに反らす)・側屈(横に倒す)あるいは回旋(ねじる)するなどを起こす際に発生します。  …※「ムチウチ」という言葉の通り、衝撃を受けた際に鞭(ムチ)を振る動きのように、首が一瞬で激しく前後に振られて首の周囲の組織を損傷することが多いのです。
 その中で、特に多くみられるのは筋肉筋膜靭帯などの軟部組織(骨を除いたもの)の損傷が主体となる「頚(首)部の捻挫」です。
◎症状
 さまざまな症状があり、首・肩こり感や痛み、首を動かすと痛む、頭痛、吐き気、知覚異常、シビレ、筋力低下、吐き気、めまい、耳鳴り、自律神経症状…など多岐にわたります。
 また、外傷性の頚椎椎間板ヘルニアや頚髄損傷といったものを起こすこともあります。
◎治療
 当院では、急性期(初期)は頚(首)部の安静が第一ですから、症状が悪化するような運動や姿勢は極力避けていただくよう具体的な日常の使い方を指導しています。また、痛みが強い場合はテーピング頚椎カラー固定も行っています。
 次に、ある程度痛みなどの症状が軽減して急性期を過ぎると、低周波治療・温熱療法・牽引療法・ストレッチング・マッサージなどを行っています。また、この時期ははり灸治療も大変有効です。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(1)頚(首)・肩部の疾患について) | 11:05 | - | - |
6山埆亳症候群(斜角筋症候群など)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/3_kyokaku.htmlからもご覧いただけます。


胸郭出口症候群(斜角筋症候群など)
◎概要
 女性に多く、体型は「なで肩」の人に発症しやすいといわれています。
 職業・使い方としては、腕や手を長時間使う人に多くみられます。(パソコン作業・流れ作業・美容師・理容師など)
 胸郭出口症候群には原因になる部位がいくつかあり、その部位によって各々病名があります。すなわち、胸郭出口症候群とは、
1)斜角筋症候群、2)過外転症候群、3)肋鎖症候群、4)頚肋症候群
などの総称です。
◎原因
 胸郭出口症候群とは、鎖骨、第一肋骨、斜角筋群、小胸筋などで構成されるトンネルを通過する腕神経叢や鎖骨下動静脈が、何らかの原因で圧迫や牽引を受けて、首・肩・腕〜手にシビレ感や脱力感、疼痛などを訴えるものです。  
 ※腕神経叢 … 頚髄(首)から枝分かれして、肩→腕→手へと流れる神経のことです。分かりやすく言うと、神経は川の流れのように上流(首)から下流(肩→腕→手)へ流れています。したがって、その川の途中で流れをせき止めるようなこと(圧迫・牽引)が上流で発生すると、下流(肩→腕→手)でさまざまな症状が発生するのです。
◎症状
 首・肩・腕〜手にシビレ感・脱力感・疼痛・だるさ・冷感首・肩こり感頭痛めまい全身倦怠感など、自律神経症状を含む多彩な症状を訴えることが多いです。
じ〆
 問診・視診・徒手検査を重視し、知覚障害・腱反射・筋力評価・誘発テストなどから、どの部位で神経・血管が圧迫・牽引を受けて症状を起こしているのかを考えます。一般的には、これらで充分に検査できますが、補助的に頸椎単純X線・腕神経叢造影・脈管テストなどが行われることもあります。
◎治療
 当院では、痛みや症状を軽減するために、低周波治療・温熱療法・牽引療法・ストレッチング・マッサージなどを行っています。また、はり灸治療も大変有効です。
 日常生活での動作・使い方も非常に大切で、治療だけではなくこういった面からのケアをしております。しかし、職業上などで使わざる得ないこともよくあり、そういった患者さん個人の特性を考えた上での治療を行っています。
 また、一般的に胸郭出口症候群は手術治療に至るものは稀で、保存治療(手術治療以外のもの)がほとんどですからご安心ください。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(1)頚(首)・肩部の疾患について) | 11:06 | - | - |
た屋磴い覆鼻兵鵑回らない、首を動かすと痛い)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/4_nechigai.htmlからもご覧いただけます。


寝違いなど(首が回らない、首を動かすと痛い)
◎原因 
 朝起きた時、「首の後ろや左右(横)が痛む」,「首を動かせない」といったことがあります。睡眠中に首を過度に捻ったり曲げたりして起こると思われます。
 また、睡眠中だけではなく、普段でも長時間不自然な姿勢をとったり、冷たい風に当たったり、疲労した時などにも起こります。   
 こういった原因によって、筋肉・筋膜・靭帯などの軟部組織(骨を除いたもの)に炎症を起こし痛みが発生します。
 …※首が捻ったまま動かせなくなったり、激痛を伴うこともあるため骨に異常があるのでは?と驚かれることもありますが、ほとんどが頚椎(首の骨)には異常はありませんのでご安心ください。(頚椎の変形・老化(頚椎症性変化)が基盤にあることもあります。)
◎症状
 首が回らない、動かすと痛い、後ろに振り返ることが出来ない、寝返りが出来ない、寝て起き上がるのがつらい、首・肩の周りの筋肉を押すと痛いなど。
◎治療
 当院では、急性期(初期)は頚(首)部の安静が第一ですから、無理なストレッチ運動は極力避けていただくようにし、具体的な日常の使い方も指導しています。また、痛みが強い場合はテーピング頚椎カラー固定も行っています。
  次に、ある程度痛みなどの症状が軽減して急性期を過ぎると、低周波治療・温熱療法・牽引療法・ストレッチング・マッサージなどを行っています。また、はり灸治療も大変有効です。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(1)頚(首)・肩部の疾患について) | 11:06 | - | - |
ゼ鵝Ωこり

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/5_kubi.htmlからもご覧いただけます。


首・肩こり
◎概要
 「首・肩がこる」という訴えで、患者さんがよくご来院されます。一口に「肩こり」といっても、これは病名ではありません。「首や肩の周りが痛い・つらい」などの症状を表現する総称です。
 したがって、「肩こり」とはさまざまな疾患が含まれますが、その中でも「首・肩の周囲の筋肉の症状」を示すことが多いと思われます。(頚椎の変形・老化(頚椎症性変化)を基盤にすることもあります。)そのため、ここでは「首・肩の周囲の筋肉の症状」を「首・肩こり」として記載します。
…※「ぎっくり腰」という言葉もよく使われますが、これも急性(急に起こった)の腰痛の総称で、病名ではありません。
◎原因
 一般的には、筋肉の疲労、炎症、筋肉痛、血行障害、同じ姿勢を続ける、ストレス、なで肩、冷えなどが原因になります。最近では、パソコンなどの普及により、「同じ姿勢や悪い姿勢を続ける」ことで発生することが多いように思われます。(中には内臓疾患、心臓病、高血圧、腫瘍などの基礎疾患がその背景に隠れていることもありますので、注意しなければなりません。)
◎症状
 首や肩がこる、痛む、つらい、動かすと痛い、頭痛といった症状が最も多くみられます。また、歯の咬み合わせ、眼の疲労感、めまい、耳鳴り、片頭痛といった症状を併せ持つこともあります。
◎治療 
 当院では、低周波治療・温熱療法・牽引療法・ストレッチング・筋力トレーニング・マッサージなどを行っています。また、はり灸治療も大変有効です。
 また、日常生活での動作・使い方も非常に大切で、治療だけではなくこういった面からのケアをしております。


緑色の疾患名をクリックすると各疾患にジャンプします

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(1)頚(首)・肩部の疾患について) | 11:07 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE