吉川鍼灸接骨院

西京区・洛西ニュータウン 新林センターにある鍼灸・接骨院です。
京都市西京区大枝西新林町5−1−13(バス停:新林センター前スグ…市バス・ヤサカバス、京都交通)
TEL:075-333-5627
各種保険取扱(◎社保・国保◎老保・生保◎労災◎交通事故◎その他)
洛西ニュータウンを中心に、桂坂、桂駅、洛西口駅、桂川駅、向日市、亀岡市などから御来院いただいています。(勿論遠方の方も).
受付時間
ホームページは以下のアドレスにあります。よろしくお願いします。
 http://www.yoshikawa-ss.com/
 

受付時間

日祝

午前9:00〜             12:30

休み

午後3:00〜              7:30

×

×


*受付時間
   午前9:00〜12:30
   午後3:00〜 7:30
*休み:日曜日・祝祭日
     水曜・土曜日午後
*急患は電話にて随時受付けます。(TEL:075-333-5627)
*鍼灸治療は予約可。
*保険証は初検時と毎月月初めに受付にご提示下さい。
*往診いたします(痛みが強く来院できない場合などご相談ください)
*ご質問・お問い合わせは、電話か下記アドレスからお願いします。

  http://intyoblog.yoshikawa-ss.com/?cid=50913

| 院長 吉川秀則 | 受付時間、アクセス(地図など) | 10:53 | - | - |
Q&Aご質問・お問い合わせ

※ご質問・お問い合わせは、電話か下記アドレスからお願いします。

*TEL:075−333−5627
http://intyoblog.yoshikawa-ss.com/?cid=50913

| 院長 吉川秀則 | Q&Aご質問・お問い合わせ | 11:00 | - | - |
アクセス(地図など)

.丱 バス   新林センター前:下車スグです…市バス(西1・5・8系統)、ヤサカバス、京都交通
⊆   車   新林センター駐車場(新林商店街)をご利用ください(約30台駐車可能)
         ※駐車場について詳しくは次のアドレスからどうぞ
                 http://blog.yoshikawa-ss.com/?eid=1601834 
         あるいは 
http://chizuz.com/map/map131154.html
E甜 電車   阪急…桂、洛西口 よりバス(10分〜15分)
         JR…桂川 よりバス(10分〜15分)


〒610−1141 京都市西京区大枝西新林町5−1−13
TEL:075−333−5627
※ご質問・お問い合わせは、電話か下記アドレスからお願いします。
         http://intyoblog.yoshikawa-ss.com/?cid=50913


| 院長 吉川秀則 | 受付時間、アクセス(地図など) | 11:01 | - | - |
駐車場のご案内
ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/gaiyo/gaiyo.htmlからもご覧いただけます。

車でお越しの方は、新林センター駐車場(新林商店街)をご利用ください(約30台駐車可能)。


116.jpg.400px.jpg
| 院長 吉川秀則 | 受付時間、アクセス(地図など) | 11:02 | - | - |
はり、灸治療について

WHO(世界保健機構)では、次に掲げる疾患にはり灸治療が適応であることを認めています。

<系統・分類>      <適 応 疾 患 の 例>
/牲亰:神経痛(坐骨神経痛・腰椎椎間板ヘルニア帯状疱疹後神経痛上肢の神経痛・頸椎椎間板ヘルニア)・神経麻痺(腓骨神経麻痺(下垂足)橈骨神経麻痺(下垂手))・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー等
運動器系
◎関節炎(顎関節症変形性股関節症変形性膝関節症膝半月板損傷外反母趾腱板損傷野球肩母指CM関節症
◎リウマチ
頚肩腕症候群
五十肩
◎腱鞘炎(ドケルバン病(手首の腱鞘炎) ,ばね指(指の腱鞘炎) )
腰痛
◎外傷の後遺症(骨折、打撲、ムチウチ、捻挫、その他)
1)骨折
 腰椎分離症・疲労骨折胸・腰椎の圧迫骨折肋骨骨折坐骨結裂離骨折上・下前腸骨棘裂離骨折腸骨稜裂離骨折尾骨骨折膝蓋骨骨折下腿骨(脛骨・腓骨)の疲労骨折足首の骨折(足関節果部骨折、裂離骨折、骨端線損傷)中足骨疲労骨折(行軍骨折、ジョーンズ骨折)第5中足骨基部骨折(下駄骨折)趾(足指)骨骨折鎖骨骨折上腕骨近位端骨折、手首の骨折(前腕骨遠位端部骨折)
 、手舟状骨骨折中手骨骨折(ボクサー骨折など)マレットフィンガー・槌指(末節骨の骨折、腱損傷)指の骨の骨折(末節骨・中節骨・基節骨)
2)打撲
 胸部の打撲腸骨稜の打撲(ホップポインター)大腿四頭筋部の打撲(チャーリーホース・骨化性筋炎)、膝蓋前滑液包炎(膝の打撲)
3)むちうち
4)捻挫
 膝内側側副靭帯損傷膝前十字靭帯損傷頚部の捻挫足の捻挫(足関節捻挫、ショパール関節捻挫、リスフラン関節捻挫)肩鎖関節損傷(脱臼・亜脱臼・捻挫)肘内側側副靭帯損傷手関節の腱炎(尺側手根屈筋腱、橈側手根屈筋腱) 、指の靭帯損傷マレットフィンガー・槌指(末節骨の骨折、腱損傷)
◎その他
 首・肩こり寝違いなど(首が回らない、首を動かすと痛い)腸脛靱帯炎(ランナー膝)大腿部の肉離れ(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋、内転筋、大腿四頭筋など))、膝蓋靭帯炎・ジャンパー膝鵞足炎オスグッド病脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎アキレス腱断裂下腿部の肉離れ…下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)こむらがえり・ふくらはぎ(下腿三頭筋)のけいれん有痛性外脛骨踵骨骨端症(Sever病)足底筋膜炎踵の滑液包炎(踵骨後部滑液包炎・パンプスのコブ、踵骨下部滑液包炎)モートン病母趾種子骨障害肩関節脱臼上腕部の肉離れ(上腕二頭筋、上腕三頭筋)肘関節脱臼肘内障(子どもの肘が抜けた)上腕骨外側上顆炎・内側上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘・野球肘)
循環器系:心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ等
じ撞朶鏃気管支炎・喘息・風邪および予防等
ゾ嘆輯鏃:胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾等
β綣嫺睚秘系:バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血等
Ю舷・泌尿器系:膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎等
婦人科 系:更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊等
耳鼻咽喉科系:中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃腺炎等
眼 科 系眼精疲労・仮性近視・疲れ目・かすみ目・結膜炎・ものもらい等
小児科 系:小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善等

※各疾患について詳しくは、
 緑色の疾患名をクリックしてください。(各疾患にジャンプします)




 

| 院長 吉川秀則 | はり、灸治療について | 11:03 | - | - |
日常よく遭遇する疾患(1)頚(首)・肩部の疾患について

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/nichijyo/nichijyo.html#kataからもご覧いただけます。

(1)頚(首)・肩部の疾患について

$椎椎間板ヘルニア
▲爛船Ε疎蚕(頚部の捻挫)
6山埆亳症候群(斜角筋症候群など)
た屋磴い覆鼻兵鵑回らない、首を動かすと痛い)
ゼ鵝Ωこり


※各疾患にスキップしてご覧になる場合は、
  銑イ鬟リックしてください。(各疾患にジャンプします)

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(1)頚(首)・肩部の疾患について) | 11:04 | - | - |
$椎椎間板ヘルニア

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/1_herunia.htmlからもご覧いただけます。

頚椎椎間板ヘルニア

◎概要
 首の骨(頚椎)は7個あり、縦に積み木のように重なって構成されています。問題となる椎間板はこの頚椎の骨と骨の間にあり、クッションの役割をしています。この椎間板の「髄核」が後方に飛び出したものが(脱出)頚椎椎間板ヘルニアです。  ※ところで…ヘルニアというと鼡径ヘルニア(いわゆる脱腸)を連想される方もおられると思いますが、ヘルニアとは「脱出」という意味で、椎間板ヘルニアとは異なりますのでご安心ください。
◎原因
 原因は、ムチウチスポーツといった大きな外力によって発生することがありますし、日常の軽微な動作をきっかけに起こることもあります。また、頚椎の変形・老化(頚椎症性変化)が基盤になることが多く、40歳以上で好発します。
◎症状
 普通の「肩こり」などとは異なる特徴的な症状として、肩甲骨の間・上腕・前腕・手指の痛みやシビレ感を訴えます。また、進行すると物がつかみにくい(筋力低下)、歩きにくい(痙性歩行)、尿の出が悪い・失禁する(膀胱直腸障害)といったこともあります。
◎検査
 問診・徒手検査を重視し、知覚障害・腱反射・筋力評価・誘発テストなどから、どの神経が圧迫を受けて症状を起こしているのかを考えます。
 さらに、当院では必要に応じてX線検査だけではなく、MRI検査を依頼します。MRIは、X線では出来ない椎間板や神経を描出することが出来るため、椎間板ヘルニアの診断には大変有効です。これらの画像診断は全ての方に必要な検査ではありませんので、患者さんに何が必要かを検討して、ほかの医療機関とも連携を図りながら治療しています。
◎治療
 当院では痛みや症状を軽減するために、低周波治療・温熱療法・牽引療法・ストレッチング・マッサージなどを行っています。症例によっては頚椎カラーテーピング固定を行います。また、はり灸治療も大変有効です。
 日常生活での動作・使い方も非常に大切であり、治療だけではなくこういった面からのケアをし、症状の経過や、患者さん個人の特性を考えた上での治療を行っています。
 一方で、手術療法を検討しなければならない場合もあります。そういった場合は専門医をご紹介いたしております。


緑色の疾患名をクリックすると各疾患にジャンプします

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(1)頚(首)・肩部の疾患について) | 11:05 | - | - |
▲爛船Ε疎蚕(頚部の捻挫)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/2_muchiuchi.htmlからもご覧いただけます。

ムチウチ損傷(頚部の捻挫)

◎原因
 交通事故スポーツなどで不意に衝撃を受け、首が屈曲(前に倒す)・伸展(後ろに反らす)・側屈(横に倒す)あるいは回旋(ねじる)するなどを起こす際に発生します。  …※「ムチウチ」という言葉の通り、衝撃を受けた際に鞭(ムチ)を振る動きのように、首が一瞬で激しく前後に振られて首の周囲の組織を損傷することが多いのです。
 その中で、特に多くみられるのは筋肉筋膜靭帯などの軟部組織(骨を除いたもの)の損傷が主体となる「頚(首)部の捻挫」です。
◎症状
 さまざまな症状があり、首・肩こり感や痛み、首を動かすと痛む、頭痛、吐き気、知覚異常、シビレ、筋力低下、吐き気、めまい、耳鳴り、自律神経症状…など多岐にわたります。
 また、外傷性の頚椎椎間板ヘルニアや頚髄損傷といったものを起こすこともあります。
◎治療
 当院では、急性期(初期)は頚(首)部の安静が第一ですから、症状が悪化するような運動や姿勢は極力避けていただくよう具体的な日常の使い方を指導しています。また、痛みが強い場合はテーピング頚椎カラー固定も行っています。
 次に、ある程度痛みなどの症状が軽減して急性期を過ぎると、低周波治療・温熱療法・牽引療法・ストレッチング・マッサージなどを行っています。また、この時期ははり灸治療も大変有効です。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(1)頚(首)・肩部の疾患について) | 11:05 | - | - |
6山埆亳症候群(斜角筋症候群など)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/3_kyokaku.htmlからもご覧いただけます。


胸郭出口症候群(斜角筋症候群など)
◎概要
 女性に多く、体型は「なで肩」の人に発症しやすいといわれています。
 職業・使い方としては、腕や手を長時間使う人に多くみられます。(パソコン作業・流れ作業・美容師・理容師など)
 胸郭出口症候群には原因になる部位がいくつかあり、その部位によって各々病名があります。すなわち、胸郭出口症候群とは、
1)斜角筋症候群、2)過外転症候群、3)肋鎖症候群、4)頚肋症候群
などの総称です。
◎原因
 胸郭出口症候群とは、鎖骨、第一肋骨、斜角筋群、小胸筋などで構成されるトンネルを通過する腕神経叢や鎖骨下動静脈が、何らかの原因で圧迫や牽引を受けて、首・肩・腕〜手にシビレ感や脱力感、疼痛などを訴えるものです。  
 ※腕神経叢 … 頚髄(首)から枝分かれして、肩→腕→手へと流れる神経のことです。分かりやすく言うと、神経は川の流れのように上流(首)から下流(肩→腕→手)へ流れています。したがって、その川の途中で流れをせき止めるようなこと(圧迫・牽引)が上流で発生すると、下流(肩→腕→手)でさまざまな症状が発生するのです。
◎症状
 首・肩・腕〜手にシビレ感・脱力感・疼痛・だるさ・冷感首・肩こり感頭痛めまい全身倦怠感など、自律神経症状を含む多彩な症状を訴えることが多いです。
じ〆
 問診・視診・徒手検査を重視し、知覚障害・腱反射・筋力評価・誘発テストなどから、どの部位で神経・血管が圧迫・牽引を受けて症状を起こしているのかを考えます。一般的には、これらで充分に検査できますが、補助的に頸椎単純X線・腕神経叢造影・脈管テストなどが行われることもあります。
◎治療
 当院では、痛みや症状を軽減するために、低周波治療・温熱療法・牽引療法・ストレッチング・マッサージなどを行っています。また、はり灸治療も大変有効です。
 日常生活での動作・使い方も非常に大切で、治療だけではなくこういった面からのケアをしております。しかし、職業上などで使わざる得ないこともよくあり、そういった患者さん個人の特性を考えた上での治療を行っています。
 また、一般的に胸郭出口症候群は手術治療に至るものは稀で、保存治療(手術治療以外のもの)がほとんどですからご安心ください。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(1)頚(首)・肩部の疾患について) | 11:06 | - | - |
た屋磴い覆鼻兵鵑回らない、首を動かすと痛い)

ホームページhttp://www.yoshikawa-ss.com/shikkan/4_nechigai.htmlからもご覧いただけます。


寝違いなど(首が回らない、首を動かすと痛い)
◎原因 
 朝起きた時、「首の後ろや左右(横)が痛む」,「首を動かせない」といったことがあります。睡眠中に首を過度に捻ったり曲げたりして起こると思われます。
 また、睡眠中だけではなく、普段でも長時間不自然な姿勢をとったり、冷たい風に当たったり、疲労した時などにも起こります。   
 こういった原因によって、筋肉・筋膜・靭帯などの軟部組織(骨を除いたもの)に炎症を起こし痛みが発生します。
 …※首が捻ったまま動かせなくなったり、激痛を伴うこともあるため骨に異常があるのでは?と驚かれることもありますが、ほとんどが頚椎(首の骨)には異常はありませんのでご安心ください。(頚椎の変形・老化(頚椎症性変化)が基盤にあることもあります。)
◎症状
 首が回らない、動かすと痛い、後ろに振り返ることが出来ない、寝返りが出来ない、寝て起き上がるのがつらい、首・肩の周りの筋肉を押すと痛いなど。
◎治療
 当院では、急性期(初期)は頚(首)部の安静が第一ですから、無理なストレッチ運動は極力避けていただくようにし、具体的な日常の使い方も指導しています。また、痛みが強い場合はテーピング頚椎カラー固定も行っています。
  次に、ある程度痛みなどの症状が軽減して急性期を過ぎると、低周波治療・温熱療法・牽引療法・ストレッチング・マッサージなどを行っています。また、はり灸治療も大変有効です。

| 院長 吉川秀則 | 日常よく遭遇する疾患(1)頚(首)・肩部の疾患について) | 11:06 | - | - |


+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE